Passion Leaders 活動レポート

パッションリーダーズの活動レポートブログです。著名な経営者を登壇者に迎える定例セミナーの模様などを発信しています。

カテゴリ: その他

レゴランドに子どもたち25名を無料招待!

2022年8月3日、LEGOLAND JAPAN RESORTに、250名を超える児童養護施設の子どもたちを招待しました。
この企画はNAGOYA Branchが中心となり発案・実施しました。名古屋市内の16箇所の民間児童養護施設に居住する、何らかの理由で親から十分な愛情を受けられていない子供たちに、笑顔になってもらう体験を得られるきっかけをプレゼントするという社会貢献につながる企画です。

イベント開催までの間、NAGOYA Branchの担当者は各地のイベントに足を運び、企画の趣旨を説明し募金を募りました。地道に資金を集め、ついに本企画をレゴランド側に提案したところ、趣旨やパッションリーダーズの想いにご賛同くださり、ぜひ無料で招待させてもらいたいという有難いお申し出をいただきました。そのご厚意に預かり、子供たちを無料で招待させてもらえることになったのです。
集まった募金は、当日子供たちが着用するTシャツに充てさせていただきました。ご賛同いただいた皆さま、ありがとうございます。

パッションリーダーズのTシャツを来て園内を散策する参加者(左)、企画の中心となったNAGOYA Branchのメンバー(右)
パッションリーダーズのTシャツを来て園内を散策する参加者(左)、企画の中心となったNAGOYA Branchのメンバー(右)

NAGOYA Branch マネージャーの佐々木 永年氏は今回のイベントに対する思いをこのように語ります。

「私たちはNAGOYA Branchでの活動を通して、多くの学び、自身を磨き、そして仲間とのつながりを得る事が出来ました。それも、名古屋という地域でビジネスをさせて頂けているおかげです。NAGOYA Branch 10年目という節目のタイミングでこの感謝の気持ちを地域に示したいと考えました。そこで私たちは地域の将来を担う子供たちのために何かできないかと考え、児童養護施設に居住している子どもたちに笑顔になってもらう体験をプレゼントすることが、パッションリーダーズNAGOYA Branchができる地域性のある社会貢献であると考え、今回の企画をスタートしました。 パッションリーダーズを通して、子どもたちにリーダーのかっこいい背中を見せ、夢や希望を与えられたら良いな、と心から思います。NAGOYA Branchは一丸となってより良い社会づくりに尽力します。」

また、代表理事の近藤は、「日本の未来を担う彼らの受け皿としての希望となり、人生の選択肢を増やしたいと彼らの笑顔を見て心からそう感じた」と話します。

集まった子どもたちはお揃いのパッションリーダーズTシャツを着用しレゴランドを一日中堪能した様子でした。本企画に限らず、これからも社会に貢献できる活動を続けてまいります。

パッションリーダーズ公式Twitterが始動!

こんにちは!パッションリーダーズ事務局です。
この度、パッションリーダーズの公式ツイッターアカウントを開設しました!

▼パッションリーダーズ公式Twitterはこちら
https://twitter.com/passion_leaders

Twitterではパッションリーダーズの最新のイベントやビジネスに関する情報をツイート・シェアしています。

公式推奨ハッシュタグ「#パッションリーダーズ」をつけていただくと「いいね」するかも…!ぜひ、あなたのパッションリーダーズでの活動を、ハッシュタグをつけて教えてください!地域ごとの公式推奨タグもおすすめです!

ぜひフォローしてみてください🌟

すごい会議の板書。参加者が感じる問題点を書き出しました
すごい会議の板書。参加者が感じる問題点を書き出しました

5月31日、パッションリーダーズのすごい会議を開催しました。

すごい会議とは、アメリカで1975年に生まれた会議手法です。外部のファシリテーターが目標のためにその組織に本当に必要なものを明確にし、それを手に入れるプロセスを会議の場で実現するコーチングを行います。参加者はトップ経営者と5-6人のメンバーで戦略的フォーカスを作成し、それを実行していきます。
ファシリテーターは会議の進行・運営を手助けして、意思決定や問題解決をサポートします。

詳しく知りたい方はすごい会議のWebサイトをご確認ください。
すごい会議公式サイト:https://www.sugoikaigi.jp/

今回のすごい会議はパッションリーダーズ公認講師ですごい会議 "黒帯" コーチの久保田 記祥 氏(デルフィーコンサルティング株式会社)にファシリテーターを務めていただきました。
そして、近藤代表理事と各Branchマネージャー、事務局メンバーが会議に参加し、会議で明確になった目標を達成するための役割と期限を決めました。
これからも経営者の皆さまのために進化し続けるパッションリーダーズにご期待ください!

毎月、登壇講師に合わせた全国定例会のビジュアルデザインが制作されていることはお気づきでしょうか?
イベント開催時の会場モニター画面に表示されるだけではなく、イベント詳細ページやInstagram・LINEでイベント告知にも使用されています。
さらに、パッションリーダーズの人気イベントである全国定例会のロゴも新しく登場しました。実はこれまで全国定例会のロゴはありませんでした。
全国定例会のビジュアル・ロゴの制作を担当したデザイナーに制作意図やデザインに込められた思いを聞きました!

担当デザイナーより

これまでパッションリーダーズではリアルな交流に軸足を置きイベントを企画してきました。告知などはプリント配布や会場スクリーンで行う運営スタイルでしたが、コロナ禍でイベント自体の開催が減少しオンラインへとシフトしています。主戦場はスマートフォンやPCになり、情報に溢れかえっています。この派手なデザインは、情報が溢れる中でも気づいてもらえるようなデザインを意識しています。
全国定例会ビジュアルの制作は、登壇講師の経歴や人となりを調べることから始まります。自分なりにまとめた情報を画像に落とし込んでいます。登壇者の写真と講演のキーワードの選び方・見せ方によって「こんな人が登壇するんだ、全国定例会面白そう」と会員の皆さまに感じていただけるように工夫しています。

制作された全国定例会やセミナーのビジュアル画像
デザイナーが制作した全国定例会ビジュアル

コロナ禍において、いかに会員の皆さまのサポートができるか、パッションリーダーズ事務局と協議を重ねてきました。このような時だからこそ経営者の皆さまに「学ぶ」「磨く」コンテンツに参加していただくことが、社会の成長につながるのではないかと考えました。なので、メインコンテンツの「全国定例会」に積極的にご参加いただけるようリブランディングしました。全国定例会は、これまで10年間ロゴがなかったのです。格式やプライドを感じつつ存在感を放つデザインを目指していった先に、古畑任三郎×アベンジャーズ的なデザインに着地しました。

今春から使用されている、全国定例会のロゴとビジュアル
今春から使用されている、全国定例会のロゴとビジュアル

これからの全国定例会ビジュアルデザインにもご注目ください!ご参加お待ちしております。

前KYUSHU Branch Manager 田口 健一郎氏よりバトンを受け取った西口 昌宏氏
前KYUSHU Branch Manager 田口 健一郎氏よりバトンを受け取った西口 昌宏氏

2022年4月、各Branchで新年度がスタートしました。KYUSHU Branch、TOHOKU Branchではマネージャーの交代も発表され、新たな体制で本格始動しています。

4月12日、KYUSHU Branch 7周年記念企画・新体制発足会が行われました。
KYUSHU Branchは、2021年秋に7周年を迎えましたが、コロナ禍の影響でイベントを中止・延期しており、この度ようやく念願の7周年特別イベント開催が叶いました。今回は近藤代表理事の講演と4月からの体制発表を兼ねた企画盛りだくさんのイベントとなりました。

KYUSHU Branchマネージャーに就任した西口 昌宏氏(株式会社新日本エネックス 代表取締役)の意気込みをご紹介します。

西口 昌宏氏(KYUSHU Branch Manager)
西口 昌宏氏(KYUSHU Branch Manager)
「KYUSHU Branch第4期マネージャーに就任いたしました、株式会社新日本エネックスの西口 昌宏です。正直、このお話をいただいた時はできるかな?という思いが1番にありました。
会社として成長させていただいている最中で、会社に影響が及ばないか、負担にならないかと真っ先に社員の顔が浮かびました。
私がパッションリーダーズに入会したのは2014年で、まだKYUSHU Branchが立ち上がる前でした。これからKYUSHU Branchを立ち上げようということで、まだ20名にも満たない人数が集まり、何も分からない中で毎日時間があればどうやって仲間を増やしていくか話し合っていたことを思い出します。
パッションリーダーズを通して、今は兄弟のように慕っている仲間と仲を深めさせていただきました。パッションリーダーズが無ければ出会うこともなかったでしょう。時には言い合いもありましたが、そんな中で培ってきた本当の仲間が今の私にとって財産となっています。
だからKYUSHU Branchに何か恩返しをしないといけないのではないのか、そう思いManagerを引き受けることにしました。
たくさんの素晴らしい会員さんとの出会いが、私のように仲間を見つける機会となり、ビジネスモデルを磨く機会にもなると思います。ここで培ったものを自分の会社に持ち帰り事業に活かして、KYUSHU Branchだけでなく九州全体を盛り上げていきたいと思います。そして九州の経済界を盛り上げるのが、パッションリーダーズの使命だと感じています。
パッションリーダーズは近藤代表理事が東日本大震災後に、こんな時だからと情熱をもって立ち上げたように、私たちもその魂を受け継いで第2ステージのパッションリーダーズを創ってやろうという覚悟でおります。
パッションリーダーズには素晴らしい仲間がたくさんいるので、皆で一丸となって楽しみながら学び、磨き、つながっていきましょう!」


TOHOKU Branchは、発足以来Branchマネージャーを務めていた阿部かな子副理事が退任され、鈴木 整氏(株式会社一ノ蔵 代表取締役社長)が新たに就任されました。

鈴木 整 Branchマネージャーと阿部かな子副理事よりコメントをいただきましたのでご紹介します。

鈴木 整氏(TOHOKU Branch Manager)
鈴木 整氏(TOHOKU Branch Manager)
「この度TOHOKU Branchマネージャーの任を、前任の阿部かな子副理事から引き継がせていただきました。
立ち上げ当初よりかな子副理事が築かれてきました、暖かく団結したBranchの風土を継承し、気持ち新たに皆さまと一緒に東北を盛り上げてまいりたいと思います。
そして今後も東北のみならず、イベントを通じて全国の皆さまとの交流も活発になりますよう機会を作ってまいりたいと思っております。どうぞ宜しくお願いいたします。」


阿部 かな子氏(パッションリーダーズ 副理事)
阿部 かな子氏(パッションリーダーズ 副理事)
「TOHOKU Branchマネージャーを鈴木整さんにバトンタッチさせていただきました。
パッションリーダーズ発足10周年を経て、これから先も仲間と共に成長していきたいという想いで、引き継がせていただきます。
立ち上げから当初から関わっていただきました皆さまには、心から感謝しております。
TOHOKU Branchはおもてなしの精神があり、団結していてとてもパッション愛に溢れています。
これからも心をひとつに、みんなで鈴木整マネージャーを支えてTOHOKU Branchを継承していってほしいと願っています。
引き続き、副理事として見守ってまいりますので、これからもどうぞ宜しくお願い致します。ありがとうございました。」


パッションリーダーズでは、全国さまざまな風土がありながらも、同じ熱い気持ちを持った経営者たちが集まっています。新体制となるBranchの活動に、今後もご注目ください。

↑このページのトップヘ