Passion Leaders 活動レポート

パッションリーダーズの活動レポートブログです。著名な経営者を登壇者に迎える定例セミナーの模様などを発信しています。

カテゴリ: 部会・委員会

パッションサマーイベントを開催しました

パッションリーダーズでは、季節に合わせたイベントを開催しています。
今週の活動レポートでは、この夏開催された夏らしいイベントを紹介いたします。

7月21日、名古屋のおたのしみ部会は約30名の会員の皆さまにご参加いただきました。マリーナりんくう港を出発し、クルージングを楽しみながら無人島 三河大島へ向かいます。炭火BBQやチーム対抗ビーチフラッグなど、遊びも本気で全力で楽しみました。

毎年恒例のマリンツアーは8月6日に開催されました。今年は初参加のメンバーを中心に、約40名の会員の皆さまにご参加いただきました。東京のメンバーをはじめとした、全国各地の皆さまが集い、マリンスポーツやバーベキューを楽しみ、神奈川県の逗子~三崎までをクルージングしました。海に潜ったり、水上アクティビティやジェットスキーで滑走したり、プールサイドでゆったりとした時間を過ごしたりと、思い思いの夏を満喫しました。

8月30日、TOKYO Area グルメ&エンジョイ・スポーツ部会共催のゆかた納涼 屋形船イベントを開催しました。約50名の会員の皆さまにお集まりいただき、参加者の多くは浴衣姿でご参加くださいました。屋形船はお台場を巡り遊行するパッション特別コース。涼しげな夜風を浴びながら大都会のきらめく夜景を眺めて記念撮影を行いました。お食事をしながらゆっくりと3時間かけて遊覧し、たっぷりと交流のお時間をお楽しみいただきました。船内では自己紹介の時間も設けられ、メンバーによる日本舞踊、マル秘お笑い芸の披露、バースデーのお祝いなど、アトラクションも目白押し。最後はセンスの問われる川柳大会で締めくくり、参加者からはまた参加したい、毎年開催して欲しい、などと嬉しい感想が寄せられました。

パッションリーダーズは季節に合わせたイベントを多数開催しています。ビジネスを広げるきっかけに、ぜひたくさんのイベントに足を運んでみてください。

特別対談!肉汁餃子のダンダダン井石社長の成長戦略

8月10日、KYUSHU Branchアカデミーを開催し、55名の皆さまにご参加いただきました。

「肉汁餃子のダンダダン」を運営する井石 裕二 氏(株式会社NATTY SWANKY 代表取締役社長)をお招きし、ご紹介者である佐藤 教行 氏(株式会社エースフードサービス 代表取締役/ KYUSHU Branch Sub Manager)との特別対談をお送りしました。

「肉汁餃子ダンダダン」は誕生から10年で直営・FC含め110店舗の出店を達成しました。更なる飛躍を目指す井石氏に、企業理念や経営理念、人事評価の方法、上場を目指したきっかけなどさまざまなテーマについて対談形式で迫りました。
講演の一部をご紹介します。

井石氏は、業界問わず経営において重要なことは「長期的に収益を上げられるビジネスモデルを構築し、長期的視点で経営をしていくこと」だと言います。よりよいビジネスモデルを作るにはどうしたらいいのか常に考え、差別化できる部分・真似をされない仕組みを作っていくことが重要だと語っていただきました。

希望した参加者は講演後、グルメ部会の会場に移動。「肉汁餃子のダンダダン 今泉店」で開催しました。井石氏と佐藤氏には各テーブルを回っていただき、ご参加いただいたお一人おひとりと交流を深めました。

肉汁餃子のダンダダンでのグルメ部会の様子

各Branchアカデミーではこうしたオリジナルの企画を開催しています。ぜひお近くで開催のアカデミーにもご参加ください。

SHOWROOM前田氏が語る「事業創出の根源」

7月7日にNAGOYA Branch 運営委員会企画セミナーを名古屋ルーセントタワーで開催しました。前田 裕二氏(SHOWROOM株式会社 代表取締役社長)をお招きし特別講義にご登壇いただきました。この日のためだけにご準備いただいた講演テーマ「事業立ち上げとアイデア創出」についてお話しいただきました。
講演内容の一部をご紹介します。

前田氏の考える事業とは「誰かの痛みを取り除くこと」だと言います。事業を生み出す根本には「苦しさや痛みを持っている人を救うためにはどうしたらいいか」という発想があります。
前田氏が手がけるSHOWROOMは誰でも簡単にライブ配信ができ、視聴することが可能です。何かを表現したいと思う配信者には「ファンがつかない、いつまで経っても夢が叶わない、好きなことで生きられない」という痛みがありました。そして視聴者には「寂しい、存在価値を強く感じられない、夢中になれない」という痛みがあります。それらの痛みを感じている人たちに向けて「誰かに必要とされている感覚」を提供し、現代の究極の痛みの解除を行なっている、それがSHOWROOMだと言います。
芸能界・インフルエンサー・YouTuberもトップの約1%しかその仕事で食べていけない。前田氏はそのようなピラミッド構造が存在する世界でどうやったらまだ見ぬ才能を見出せるだろうか?他とは違う形で人を喜ばせることのできる新しい才能が、世の中には無数に眠っているのではないか、と考えていました。
SHOWROOMでは人がファンを増やすために何をしたらいいのかを科学的に分析しています。1つの分析結果として、「配信頻度・配信時間」などと言った「情熱がある人(より多く長く自分の好きなことをしている人)」がファンの数と強く相関していることが分かってきました。年齢や性別、見た目も越えていくのが特徴で、80歳を越えた配信者の方もいらっしゃるそうです。
ライブ配信は性別・年齢・歌のうまさなど関係なく、情熱や思いの大きさで決まるフェアな世界。視聴者はライブ配信で同じ時間を共有して空間を擬似的に共有でき、寂しさや自身の存在意義を再確認できます。配信者と視聴者はお互いに必要な存在になるのです。「"人から必要とされていないのではないか"という恐怖・痛みから解放してあげたい」という気持ちが、SHOWROOMのビジネスモデルの根源にあります。
さらに前田氏は、「自分はこのビジネスモデルを好んでいて、これからも自分が事業を創り出すなら"誰かの痛みを取り除けるビジネスモデル"にします」とお話しくださいました。

講義後には参加者から事前に寄せられた質問にお答えいただく時間が設けられ、1問1問丁寧にご回答いただきました。
参加いただいた方からは「すべてに答えてくださる姿に感動しました」「素敵なお人柄が伝わりました。今の仕事への愛情や情熱を大変感じました」と言った感想をお寄せいただきました。

講演の様子

次回のNAGOYA Branch運営委員会企画イベントは、12月に開催いたします。今回のようなすぐに実践できる学びの企画を考案中です。乞うご期待です!

東京ジョギングPARC 100回記念!淡路島RUNを開催しました

TOKYO Areaジョギング部会開催100回を記念し、東京を飛び出して兵庫県 淡路島でイベントを開催しました。近隣の大阪や四国の会員の皆さまにもご参加いただき、さらにパッションリーダーズ理事で、ジョギングPARC特別コーチを務めていただいている佐藤 裕久理事(株式会社バルニバービ 代表取締役会長)にもご参加いただきました。

淡路島は2015年からバルニバービが力を入れている地方創再生プロジェクト「FrogsFARM ATMOSPHERE」のエリアとして注目されています。バルニバービが手掛ける廃校を活用した食・アート・学び、地域との融合施設「SAKIA」を視察し、佐藤氏に地方創再生について約40分間の講演を行っていただきました。

そして翌日はジョギングPARCらしく、朝RUNを実施。宿から約4㎞の距離にある、日本最古の神社 伊弉諾神宮(いざなぎじんぐう)までゆったりジョギングを楽しみました。ジョギング後の朝食ではミルクや食パンなどは現地の食材を使用したものが提供され、その味は格別で素敵な旅の締めくくりとなりました。

イベントの様子

参加者の皆さまからは、「1泊2日という濃密な時間を過ごせたことで、普段のイベントとは違ったメンバーの一面を知るきっかけになりました!」と好評のお声をいただき、来年も企画してほしいという嬉しい感想もいただけました。

解散後は有志で募ったメンバーで、パソナグループが手掛ける地方創生の施設を見学しました。学び多き旅となったようです。

今後も会員の皆さまのお声を反映しながら、学びあり交流ありのイベントを企画してまいります!

2年ぶり! NAGOYA Branchカートレース大会を開催

6月23日にNAGOYA Branchおたのしみ部会「カートレース大会」を開催しました。ご参加いただいたのは21名。イオンモール常滑内シーサイドサーキットで80分耐久のレースに挑みました。

今回はチーム戦でドライバーチェンジを行うルールでサーキットを激走!カートの速度は約時速80km。レーサーになった気分で本格的なカートレースを体験しました。

チームごとに戦略を立てて勝負に挑む姿に、経営者らしい負けず嫌い精神がみなぎる様子を垣間見ることができました。仲間を共に応援し合い、お互いの健闘を称え合いました。

カートレース大会の様子 カートレース大会の様子

カートレースの後は焚き火を囲みながらの懇親会です。自己紹介タイムではパッションリーダーズに対する想いなどを語り合い、さらに絆が深まった1日になりました。

焚き火を囲みながらの懇親会の様子

NAGOYA Branchのおたのしみ部会は、本気で楽しめるイベントを2ヶ月に1回のペースで開催します。次回も乞うご期待です!

↑このページのトップヘ