東京ジョギングPARC 100回記念!淡路島RUNを開催しました

TOKYO Areaジョギング部会開催100回を記念し、東京を飛び出して兵庫県 淡路島でイベントを開催しました。近隣の大阪や四国の会員の皆さまにもご参加いただき、さらにパッションリーダーズ理事で、ジョギングPARC特別コーチを務めていただいている佐藤 裕久理事(株式会社バルニバービ 代表取締役会長)にもご参加いただきました。

淡路島は2015年からバルニバービが力を入れている地方創再生プロジェクト「FrogsFARM ATMOSPHERE」のエリアとして注目されています。バルニバービが手掛ける廃校を活用した食・アート・学び、地域との融合施設「SAKIA」を視察し、佐藤氏に地方創再生について約40分間の講演を行っていただきました。

そして翌日はジョギングPARCらしく、朝RUNを実施。宿から約4㎞の距離にある、日本最古の神社 伊弉諾神宮(いざなぎじんぐう)までゆったりジョギングを楽しみました。ジョギング後の朝食ではミルクや食パンなどは現地の食材を使用したものが提供され、その味は格別で素敵な旅の締めくくりとなりました。

イベントの様子

参加者の皆さまからは、「1泊2日という濃密な時間を過ごせたことで、普段のイベントとは違ったメンバーの一面を知るきっかけになりました!」と好評のお声をいただき、来年も企画してほしいという嬉しい感想もいただけました。

解散後は有志で募ったメンバーで、パソナグループが手掛ける地方創生の施設を見学しました。学び多き旅となったようです。

今後も会員の皆さまのお声を反映しながら、学びあり交流ありのイベントを企画してまいります!