Passion Leaders 活動レポート

パッションリーダーズの活動レポートブログです

カテゴリ: ビジネスマッチング事例

RUIYANG STYLE 代表 孫 瑞陽氏

RUIYANG STYLE 代表 孫 瑞陽氏
入会:2011年7月
サービス内容:社章製作

会員の皆さまの胸元でキラリと輝くPassion Leadersのロゴ。
2016年、発足5周年の記念品として製作されたロゴピンズは、今ではすっかりパッションリーダーズの定番アイテムとして愛されています。



きっかけは約3年前、ドリームミーティングでの近藤代表理事への提案から製作することになりました。当時、末期の乳がんを患い入院生活を送っていた母の看病をするため、約1年もの間、私は毎月2~3度にわたり日本と中国を往復していました。まだ起業して間もないタイミングで仕事の利益もそれぼど多くはなかった時期でした。私は高価な抗がん剤などの治療費や、毎月の渡航費を稼ぐことに必死でした。

ドリームミーティングでは、自社の強みの社章作りのビジネスを活かしたパッションリーダーズオリジナルのロゴピンズ製作を、『日本一の経営者団体の心がひとつに繋がるように』という願いを込め、熱い想いをプレゼンし、また当時抱えていた家族の心配事についても、近藤代表理事に全て打ち明けました。たった30分間のミーティングであったにも関わらず、なんとその場で5,000個の受注が決まりました。
私にとってこれはラッキーな大型案件の受注ではなく、私の家族を助けることにも繋がる出来事でした。感動のあまり涙が止まらず、その場で近藤代表理事を抱き締めました。あの時の気持ちは一生忘れられません。

今となれば、日本一の経営者交流会パッションリーダーズのロゴピンズを作らせていただけたことは私の自信と誇りにもなりました。私にとって近藤代表理事は人生の恩人です。礼は尽くせど恩は一生涯。これからもさらに感謝の気持ちを持って、パッションリーダーズに、仲間に、大好きな近藤代表理事に貢献できるように日本で頑張っていきたいと思っています。パッションリーダーズでの出会いに感謝!


(この文章は孫 瑞陽氏より寄稿していただきました。)



株式会社リ・レストフル代表取締役 高田 宗慶 氏
所属:OSAKA Branch
サービス内容:自動車賃貸業・損保代理店

今回は多数のマッチング事例をお持ちの高田社長にお話を伺いました。

「最初は自分もどんな会なのか知らなかったので、とにかく沢山のイベントに参加してみました。『この人、いつもいるな~』って思われてたと思います。仲間ができるのが楽しくなって、そのうち『高田さんて、何やってる人?』みたいになって。そしたらいつの間にか、さすが経営者の会ですね、カッコいい高級車が次々と僕の会社に運ばれてくる(笑)。オイル交換や車検もあれば、売りたい・買いたいっていう人もいらっしゃいます。実は保険も扱っていて、事故の時のレッカー対応もしているのですが、その点でも安心していただけましたね。
今も『車のことで困ったら僕を思い出してください』っていう感じで交流してます。」

仲間とのコミュニケーションの中から自然とビジネスが生まれていく。パッションリーダーズのビジネスマッチングは「マッチング会」の中だけで生まれるものではありません。いろいろなイベントを通して、皆様のビジネスを拡げるきっかけとして本会をぜひご活用ください。

ジュヴィアヴェックフルール 坂川智廣氏とサロンドアプロディーテー三野友子氏

受注者:ジュヴィアヴェックフルール 代表 坂川 智廣 氏
サービス内容:造花販売・リース

発注者:サロンドアプロディーテー 代表 三野 友子 氏
サービス内容:エステサロン経営

造花専門店を営む坂川さんは、SHIKOKU Branchの参事として地元である愛媛県だけでなく高知県や香川県にも積極的に足を運び、イベントを楽しみながら各地での交流を深めていらっしゃいます。四国は地理的になかなか一拠点に集まることの難しい土地柄です。その中で多くのイベントに参加され、自らが学んだことを仲間に還元しながら絆を繋げる架け橋のような存在として、ブランチメンバーから慕われていらっしゃいます。

香川県でエステサロンを営む三野さんとは、同じSHIKOKU Branchで出会った参事仲間でもあります。
三野さんはお客様にエステという非日常的なリラックス体験を味わって頂く為のエレガントな空間を演出するには、店内のコンセプトにマッチしたディスプレイが必要不可欠だといいます。そのニーズに坂川さんの造花レンタルサービスがぴったりマッチしました。

「今月はラブリー度高めで、とかリクエストをしたり、逆にご提案頂いたり……。毎回サロンのイメージやシーズンに合わせたデザイン性の高いディスプレイを納品して頂いています。」

「年間を通してさまざまなイベントシーズンに合わせたディスプレイを、まるで本物のようなクオリティの枯れないお花で長い間楽しんで頂くことができるのが造花レンタルのサービスの魅力」と語る坂川さん。
「造花は季節に関係なく楽しめるので、ある意味生花では出せない良さがあります。時期が過ぎてもアレンジメントをひと工夫することで違った雰囲気を作り出すこともできます。」

毎月変わるディスプレイはサロンに通うお客様からの評判も上々だそうです。
三野さんのご家族が経営する鉄板焼きのお店に坂川さんも納品や回収のついでによく立ち寄られるそうで、繋がりの輪がますます広がっています。

Trasaburou 嶽山 新 氏

受注者:株式会社Trasaburou 代表取締役 嶽山 新 氏
サービス内容:ドリンクカーのリメイク、キッチンカーの販売(中古車)

発注者:株式会社バルニバービ
サービス内容:飲食

中古車販売・車両整備会社を千葉県柏市で営む嶽山社長は、ビジネスマッチング会への出席を重ねながら「短時間で印象的に伝える技術」を向上させ、ビジネスマッチング会主催「第2回プレゼンテーションアワード」では優勝されています。いつも元気はつらつ、歯切れの良いプレゼンテーションで会場を沸かせています。

積極的にイベントに参加され、会員の間では「24時間365日対応の日本一元気な車屋さん」というキャラクターが定着。「クルマ屋さんと言えば嶽山さん」というように認知度が高まった結果、理事であり東証マザーズに上場する株式会社バルニバービの佐藤裕久社長から車両購入の依頼を受けることに繋がりました。

在庫を持たないから固定費が不要。全国にあるネットワークを駆使して、依頼主の購入希望にベストマッチの車両提案を得意とする嶽山社長は、「街を創る男」としても有名な細部にまでこだわりを持つ佐藤社長の要望と真摯に向き合い、くたびれたドリンクカーの車両をフルリメイク。キッチンカーの販売に至りました。

車両リメイク前
▲BEFORE▲

▼AFTER▼
車両リメイク後

嶽山社長はその後も佐藤社長がプロデュースするパッションリーダーズの人気部会「スポーツ部会-ジョギングPARC-」やバルニバービの新店舗レセプション等にも積極的に参加。その後数ヶ月して、佐藤社長より自家用車を買い換えたいとのリクエストがあり、高級外車の受注にも繋がっています。

パッションリーダーズでの出会いと、相手を満足させるサービスが生んだビジネスマッチングです。

ブレイクスルー 北森 勝也 氏

株式会社ブレイクスルー 代表取締役 北森 勝也 氏
所属:NAGOYA Branch
サービス内容:IT

名古屋でシステム開発・運営を営む北森社長は、東日本大震災の時に渋滞や食料難を身をもって体験したことが発端となり、「災害時に貢献できる事業をやりたい」という想いを抱いたそう。その想いに賛同してくれた会社経営者らと「Helpan(ヘルパン)171」の運営を始め、2019年2月に法人を設立しました。

「Helpan171」とは「ヘルプ」と「パン」の掛け合わせと、NTT災害用伝言ダイヤルの番号にちなんで名づけられました。主に企業や団体が「パートナー」となり、各地にある代理店を通じて5年間保存可能なパンを購入します(1口40個、税別1万円)。北海道の授産施設でつくられるこのパンは、保存期間が迫ると法人がパンを回収、子ども食堂に寄付する仕組みでムダもありません。
実際に災害が発生したら、被災地域のパートナーは自分たちの備蓄パンを非常食として利用し、他の地域のパートナーは被災地のパートナーや代理店に備蓄パンを送ります。各地の備蓄数は管理把握されており、素早く確実に被災地に届けられるそう。

全国各地にオフィスやビルを所有するオフィスパークさんやビルプランナーさんを筆頭に、その取組みを知ったパッションリーダーズ会員企業のメンバーも続々とパートナーとしてその輪を広げる協力をしてくれており、県内を中心に今では全国に170以上に拡がっているとのこと。

「パッションリーダーズの仲間は、みんな『誰かのために』という思いが強いので、とても心強いパートナーになってくださっています」

詳しくはぜひWebサイトをご覧ください。

▼全国のパートナーが備蓄したパンを被災者へ Helpan171
https://helpan171.jp/

助け合いの和をひろげようHelpan(ヘルパン)

↑このページのトップヘ