Passion Leaders 活動レポート

パッションリーダーズの活動レポートブログです。著名な経営者を登壇者に迎える定例セミナーの模様などを発信しています。

夢があるから強くなる

ゆるぎない情熱と壮大な理念こそが、夢を叶える唯一の道
Jリーグ創設までの全てを語る

川淵 三郎氏(公益財団法人日本サッカー協会 最高顧問) 今回の定例セミナーは、Jリーグ初代チェアマンで、現・日本サッカー協会最高顧問の川淵三郎キャプテンにご登壇いただきました。

サッカーは野球と人気を二分するスポーツですが、二十数年前まではスポーツ新聞の片隅に試合結果が載るだけのマイナースポーツでした。1993年にJリーグが開幕すると、サッカーは爆発的な人気を博し、FIFAワールドカップ5大会連続5度目の出場を果たすまでに急成長しました。

講演内容は、「失うものは何もない」と数々の困難をくぐり抜けてサッカーのプロ化に至った経緯、「空疎な理念」と厳しい批判を受けながらも、「地域スポーツの振興」「スポーツ文化の確立」を目指して運営されてきたJリーグのこれまでを語っていただきました。川淵キャプテンら関係者を突き動かしてきたのは、夢と情熱、そしてJリーグの理念でした。サッカーがこれだけ発展した背景には、「Jリーグ百年構想」に描く理想の未来があったから。「理念」は夢を叶えるための大きな力になる、それを学べる貴重な講演となりました。

ビジネスマッチングプレゼンテーション1名、90秒PRスピーチには4名がチャレンジ

川渕キャプテンの講演の後は (株)コミクス 代表取締役 鈴木 様より、インターネット広告を中心とした最適なコミュニケーションサービスのプレゼン。 90秒PRスピーチでは(株)ちえぶくろ 代表取締役 舩越様、 (株) TakeAction 代表取締役 成田 様、(株)横浜フリエスポーツクラブ 代表取締役社長兼COO 北川 様、(株)ブレークスルー 代表取締役 馬場 様の4名が挑戦されました。是非、90秒の制限時間いっぱいまでアピールタイムをご活用ください。参加のご応募は事務局まで。

講演後の懇親会では、川渕三郎キャプテンとの名刺交換を希望する会員の長蛇の列が。人気の高さがそのまま表れていました。近藤代表理事からは、人を巻き込む理念の重要さを改めて痛感したと話され、日本のサッカー史における大きな分岐点となったJリーグ創生期のストーリーは、リスクをもって起業の第一歩を踏み出された起業家の皆さんに深く響くお話でした。パッションリーダーズは2011年4月に創設。おかげさまで3周年を迎え、たった50名の会員から、今では1,600名を超えて日本最大の情熱経営者団体となりました。これからも経営者の皆さんと一緒に突き進んでまいります。

シリーズ講演vol.7:「人脈を築き成功を呼ぶ“最強プレゼンテーション”」

プレゼンテーションは、大胆に緻密かつ繊細に
近藤 太香巳流プレゼンテーションの極意

恵比寿の一等地にたたずむ元ハンガリー大使公邸 Q.E.D.CLUBの美しい庭園の桜にも、春の訪れを感じさせる中、今回も全館貸切で開催されたパッションリーダーズ3月親睦会に大勢の皆さんがご参加。

親睦会恒例となった近藤代表理事シリーズ講演Vol.7では、経営者であれば日常とも言える「プレゼンテーション」に注目し、名刺の作り方・渡し方から始まり、ビジネスモデルの伝え方、お礼のメール、電話のタイミング、資料の作り方、身振り、表情、服装、印象付けに至るまで、あらゆる方向に気を配らなければ相手の心に刺さるらない。どれひとつ欠かせないポイントであることを伝授しました。

シリーズ講演vol.7:「人脈を築き成功を呼ぶ"最強プレゼンテーション"」サマリー

  • プレゼンとは経営者(自分)の全能力を表現する場
  • 名刺を出すときはビジネスモデルをキャッチコピーで伝えよ
  • お礼メールには必ず「感想」を書き、他人と違う印象付けを
  • プレゼン資料には徹底してこだわれ!
  • プレゼン前に想定問答を作り、用意周到で本番に臨め
  • プレゼンの主導権を握れ
  • トークは切れ味が重要
  • 笑顔・身振り・服装・印象、全てを怠るな
  • プレゼンは緻密かつ繊細に。その積み重ねが人間関係を豊かにする

パッションリーダーズ初上陸となる、東北無料講演
大震災から3年が過ぎ、鎮魂の願いを込めて「花は咲く」を演奏

2011年3.11、東日本大震災直後の4月に発足したパッションリーダーズ。震災の悲しみが日本を覆い、暗雲立ち込める中、何をすべきか自問自答した経営者の皆様も多くおられたはずです。

日本に活力を生みだすのは経営者の熱き心、皆がひとつになれば大きなムーブメントを起こせるかも知れないというシンプルな動機からでした。あれから3年を経て、熱い気持ちに集まった会員は1,500名を越え、さらに強く大きく拡大の勢いは続いています。パッションリーダーズ会員でヴァイオリニストの福元麻理恵さん、ピアニストは吉川寛子さんに素敵な演奏を披露していただき、癒しと鎮魂の音色が会場を包んでいきました。 パッションリーダーズは、いよいよ東北にも上陸!これからも益々熱い風を吹かせていきましょう。

吉野家の歴史とビジネスモデルの変遷

日本のファーストフードの原点、「吉野家」
文化を創り、苦難を乗り越える強い組織術

安部 修二氏(株式会社吉野家ホールディングス 代表取締役会長)吉牛(よしぎゅう)で親しまれる、日本オリジナルのファーストフードといえば「牛丼」。今回の定例セミナーには、パッションリーダーズ特別顧問でもある、株式会社吉野家ホールディングス 代表取締役会長 安部 修仁氏が登場。吉野家の歴史は安部会長抜きには語れない。アルバイトとして吉野家に入り、経済成長と共に拡大を続けるも1980年には、会社更生手続き申請の危機に。しかし、安部会長の論理的で緻密な成長計画を実行した結果、見事、7年後には100億円もの債務を前倒し完全返済。その後も、記憶に新しいBSE問題による牛丼販売休止など、日本経済にも影響を及ぼす大問題の壁を、「牛丼」とお客様との信頼が最重要と考える、揺るぎない信念で乗り越え、現在では国内・海外の店舗数1,800店舗を超えるグローバル企業へ。安部会長を「兄貴」と慕う、近藤代表理事曰く、 安部会長は「思想と論理の人」。笑いを交えながらも危機を乗り越えるための実践的な組織論のお話しに、学び多いセミナーとなりました。

基調講演セミナーサマリー(近藤代表メモより)

SUPER CEO Vol.6の表紙にも登場!【組織は共有ではなく共感】

企業は永遠に成長はしない。成長過程段階には、
必ず踊り場がある。拡大と集中、経営者はその舵取りが重要。

【順風満帆の時に学ぶものはない】

失敗は内部崩壊が一番の原因。危機感ではなく、
緊張感を持つ事が大事。危機感は頭が硬直し思考が止まる。

【問題は上位ベスト3に絞り敏速に着手する】

問題解決担当を任命し敏速に動く。責任の所在を明らかにする。
リーダーが言っている事とやっている事が違うと、部下は白ける。

【目標は高く、期限は短く】

スピードを出すことで好転する。
悩んだり怠けている暇がないから!

今回も大好評の5分間ビジネスマッチングプレゼンテーションに1名、90秒PRスピーチに2名の会員がチャレンジ!

5分間ビジネスマッチングプレゼンテーションでは、一般社団法人日本シングルマザー支援協会 代表理事 江成 様から、増加するシングルマザーの未来を提案するスピーチ。90秒PRスピーチでは、企業支援コンサルティング東京 オーナーの梁 様、(株)MM7 代表取締役社長 成村様がスピーチ。短い時間の中、会場からの全視線を受けてのスピーチは、いつも以上に大変緊張します。最高のプレゼンテ―ションを目指す皆さんの応募をお待ちしております!


ご歓談・名刺交換が盛んに行われた懇親会後は、スポーツ社会貢献の新しい企業ブランディングを提案する、楽天球団の星野仙一監督がチェアマンとなり創設7年目となるホシノドリームズプロジェクト(HDP)をご紹介。閉会の挨拶には相川理事から、目の前の問題への解決は、知恵の輪を解くように、「答えを知っている人にすぐ聞けばよい」という、たとえ話が。仲間との連帯と解決策の共有が企業のスピード成長にとても効果があがるとの話がありました。最後にパッションリーダーズが、ついに会員数1,500名となり近藤代表理事より、日本一の経営者交流会となったことの嬉しいご報告がありました。引き続きパッションリーダーズは年内には会員数2,000名達成を目指して、ますますその規模、内容を充実させ、会員様のビジネスの成功をサポートしてまいります。

↑このページのトップヘ